sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

気軽に10枚3000円

昨日ドリームジャンボを換金してきました。結果は安定の300円。

ジャンボ宝くじは毎回買っています。連番で10枚。もちろん一等は当たったことなくて、当せん金はいつも300円。たまに3000円が当たる。

 

宝くじを買うのは、1発当てて人生を変えたいという気持ちがあるから。もちろん当たるわけないのはわかっている(もちろん当たって欲しいとは思っている)。買わないと絶対に当たらないけど、買うと当たるかもしれないから。

当たったら人生変わるのかどうか、実際のところはわからないけど。

 

1発当てて人生を変えたい 

「1発当てて」じゃなくて「人生を変えたい」に焦点を当てて考えてみると、宝くじを買うという行為が少し面白く感じられた。

 

今回はそんな記事。 

 

ドリームジャンボ宝くじは、1等の当選確率1000万分の1だ。1000万分の1の確率で1等3億円が当たって「人生を変えたい」という目的が達成できる。僕はいつも10枚買っているので、1000万分の10の確率だ。

 

「人生を変えたい」という目的のために「1000万分の1」という小さな確率を「3000円で宝くじを10枚買う」という行動で10個積み重ねている。

 

人生を変えるという変化を起こすために、能動的に小さな行動を起こしている。 

もちろんこれで、これだけで変化が起こせるとは思っていない。でも、こういう簡単にできる行動をやっていくことが、変化を起こすために必要なことなんじゃないだろうか。

  

買わないと絶対に当たらないのは間違いない。これは何もしないと何も変わらないということで。

宝くじが当たらなくても、別に僕は落ち込まないし、また次の機会に普通に宝くじを10枚買う。これは行動した結果望むものが得られなくても、結果を得るには自分にできることをやるしかないということで。

 

もちろん、宝くじを10枚買っても当たらないし、いつまで経っても人生は変わらない。

でも人生を変えるためには色んなことを、3000円で宝くじを10枚買うくらいの気軽さでやることが必要なんじゃないだろうか。

気合いを入れなくてもできる、気軽にできると思える範囲で。

 

何事も気軽に。そうすれば人生が変わる確率が上がる。何も変わらなくても気にならないくらいの、そんな気軽さで取り組めば、当たらなくてもどうということはない。

もういいやと思ったらやめればいいし、3000円がもったいないなら買わなくてもいいし、その3000円で別のことをしてもいい。毎回律儀に3000円払って宝くじ買う必要はない。

 

いろいろ気軽に

宝くじはいつも通り外れたけど、目の前が少し明るくなったような感じがする。というのは、ちょっと言い過ぎか。「愚か者の税金」という宝くじの別名は、もちろん知っている。それでも次も買おうと今のところは思っている。

気軽にやって、ダメだこりゃと思ったらやめればいいだけだ。何事もスッとやめれるようにはしておきたい。

 

まとめ

何事も、気になったらまずは気軽にやってみる。

やっぱ違うと思ったらやめたらいいだけ。

スポンサーリンク