sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

大きすぎて入らない

アレの大きさ

朝起きてあれっ?っと思って抜いたり挿したり。角度をつけたり奥にしたり手前にしたり。挿すのを変えてみても変化なし。

これはもう駄目だなーと思って、仕事帰りにヨドバシへ行った木曜の話。

 

 

僕が使ってたのはzenfone3 laser。

買い替えのためにヨドバシへ行ったはいいものの、選択肢が全くありませんでした。

 

原因はアレの大きさ。

 

中小極小

スマホにはSIMカードというカードが入ってます。このカードの中に電話番号が登録されている。SIMフリーというタイプのスマートフォンであれば、スマホ本体が壊れてもSIMカードを他のスマホに挿し替えれば普通に使えます。

 

で、このカードは大きさが3種類あります。標準、マイクロ、ナノの3種類。

僕の使ってたzefone3 laserはマイクロSIMとナノSIM両方使えるスマホだけど、ナノSIM側はマイクロSDカードと共用。データの保存にSDカードは必須なので、実際使えるSIMカードマイクロSIM一択。よって僕の持ってたSIMカードマイクロSIM

 

でも時代はナノSIM。何も考えずにヨドバシ行ったはいいものの、売ってるスマホはほとんどナノSIMしか使えない。マイクロSIMが使えるのはよく知らないメーカーの5万くらいするのと、低性能で1万ちょっとくらいするのと、電話機能しかなさそうなのの3種類のみ。

 

安いものには理由がある

いやいやSIMのサイズ変えればいいじゃん、というだけの話なんだけどここに落とし穴が。

 

格安SIMはそういうサービスは不便。

 

僕はマイネオというところのSIMを使ってるんだけど、マイネオはSIMカードのサイズ変更が店頭ではできない。ネットで申し込んでカードが郵送されてくるのを待たないといけない。短く見積もっても数日はかかる。

 

料金は安いし低速モードが使えるのマイネオ自体はオススメだけど、これには参った。

 

※東京と大阪は店頭でのSIM変更に対応してる店舗があるみたいです。

 

結局

SIMサイズ変更の話をしに行ったマイネオの店舗でスマホを購入。zenfone3の5.5インチ。お値段3万円なり。新品。

 

エイスース ZenFone 3(5.5インチ) パールホワイト ZE552KL-WH64S4

エイスース ZenFone 3(5.5インチ) パールホワイト ZE552KL-WH64S4

 

 

zenfone3は僕が使っていたzenfone3laserの上位機種なので、マイクロSIMが使える機種の中では高性能だ。

でも1年落ちの機種だし、事前にナノSIMにしていれば現行機種の2万くらいのスマホを買えた。貯まってるヨドバシポイントを使えばお安く購入できていたはずなのに。なんだか損した気持ちになりました。

zenfone3いいんだけどね。

 

極小は小を兼ねるか

ナノSIMが主流ということを把握して、自然に準備できていれば賢い買い方ができたはず。何事も情報を手に入れて、それを元に準備が必要。

次にまたスマホが壊れたとき用にナノSIMにサイズ変更す手続きをネットでしました。やってみると超簡単。シムアダプターというものを使えばナノSIMに変えてもマイクロSIMと同じ運用ができそう。メーカー純正じゃないから使うのは自己責任だけど。

 

 君もマイネ王になろう

月々2000円以下でスマホが使えて、低速通信時でもそこそこの速さ。動画じゃなくてradiko派であれば低速で十分である。

君もマイネ王になろう。あなたも私もマイネ王。

mineo.jp

 

スポンサーリンク