sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

テスターメガーにクランプとチェッカーで君も上級ビルメン

技能や知識があると、現場で優位に立てる

f:id:sloppylife:20180516194829j:plain

こんにちは。

ビルメンはあまり知識や技術が必要ない、と言われる職種です。

設備を目視点検したり、メーターの数値を検診したり、そんな仕事が大半だから。

とはいえ、現場で働く上でビルメンが知っておくと役に立つ知識はたくさんあります。

現場で使える知識や技能を持っていれば重宝されますし、現場での発言力や居心地の良さが増します。

また、老害ビルメンと関わる上で、技能や知識があれば、自分が優位な人間関係を構築しやすくなります。

この技能や知識というのは、知ってる人には当たり前、なレベルのもので十分。ビルメンはベテランでも基本的なことを知らなかったりするので、基本を抑えるだけで戦えます。

今回は電気系の測定器について

これから紹介する4つの機器が使えれば、それだけで現場によっては上級ビルメンです。

これらの機器の使い方や原理、電気の基礎知識などは、教科書的な本を読むよりメーカーのホームページの方が絵や動画があってわかりやすいのでオススメ。

測定器メーカーの使い方ページへのリンクを貼っているので、ぜひ見て欲しい。

テスター

電圧や抵抗値を測定します。

いろんな機能がついているものもある。

アナログとデジタルとありますが、上の商品画像のようなポケットサイズのデジタルテスターが便利。

使い方→テスターの機能と使い方 - Hioki

メガー

絶縁抵抗を測定します。

実務ではモーターやコンセント回路などの絶縁抵抗測定に使用します。

使い方を知らなかったり、無意味な箇所を測定するビルメンが意外と多い。

使い方→絶縁抵抗計の原理と使い方 - Hioki

クランプメーター

電流値を測定します。

HIOKI (日置電機) ACクランプメータ 3280-10F

HIOKI (日置電機) ACクランプメータ 3280-10F

 

受変電設備の点検から、ブレーカーが飛ぶ原因や漏電の調査など、ビルメン現場では意外と幅広く使用します。用途によって大きさも様々。

使い方→クランプメーターの機能と使い方・選び方 - Hioki

インチェッカ

最後は少し毛色の違う機器、ラインチェッカ。

 コンセントがつながっているブレーカーを探すための機器です。

共立電気計器 (KYORITSU) 配線チェッカ KEW 8510

共立電気計器 (KYORITSU) 配線チェッカ KEW 8510

 

 ビルメンよりも工事屋のほうが使用頻度が高いですが、その存在や使用方法を知っているとビルメン界では有利です。

まとめ

上の4種の機器を使いこなせれば、ビルメン電気系の仕事はほぼOK。

コンセント増設や安定器等の簡単な電気工事の仕事もたまにはありますが、工事は簡単なものでも外注に出す現場もあるしビルの規模によっては資格も必要なので、まずは一次対応や調査ができるようになればOK。

スポンサーリンク