sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

ビルメン4点セットに消防設備士?元ビルメンが考える資格の必要性について

こんにちは元ビルメンです。

 

ビルメン4点セットって?

ネットの世界でビルメンに必要と言われている4つの国家資格、いわゆる「4点セット」。ビルメンしてる人、してた人、なりたい人、気になる人、皆さんご存知だと思います。ビルメン界ではすっかり有名になった4点セット。

 

・第2種電気工事士(2電工)

2級ボイラー技士(2ボ)

・乙種第4類危険物取扱者(乙4)

・第3種冷凍機械責任者(3冷)

 

上記が4点セット。

※縦書きなら数字は漢数字一択ですが、履歴書は横書きだから漢数字と算用数字、どちらを使えばいいかわからなくて不安になりますよね。僕は履歴書の数字は算用数字で統一しています。

 

ちなみに上級ビルメン3点セットというのもあります。

 

電気主任技術者電験

・建築物環境衛生管理技術者(ビル管)

・エネルギー管理士(エネ管)

 

です。

 

ビルメン4点セットの必要性

法律上の話であれば、全部不要です。

 

よく「2電工は必須」と言われますが、法律の話だけするとほぼ不要です。

ビルメンが管理するようなビルは、電気工事士法の適用範囲外であることがほとんどです。第2種電気工事士は簡単に言うと、一般家庭や小規模アパートのような「低圧受電」の建物で電気工事ができる資格なので、「高圧受電」のビルでは免状があっても電気工事はできません。

 

これを意外と知らない人が多い。

 

※一部小規模ビルでは「認定電気工事従事者」という資格が必要な場合があって、この資格を取得するのに2電工または電験が必要です。

 

しかし資格として2電工を求められる求人は多いので、取得しておくに越したことはないです。実技試験があるので、独学での取得に抵抗を示す人もいるかもしれません。

乙4も取得しておいたほうがいいです。試験回数が多いし、試験の難易度も低い。ガソリンスタンドのバイトに採用されやすい。

 

実際の現場には、無資格ビルメンは結構います。

 

消防設備士は必要?

消防設備士は持っているとビルメン界では役に立つ資格ではあります。理由は簡単、ビルの規模を問わず消防設備は設置されているからです。資格の種類も多く、気軽に挑戦できる難易度のものもあります。

しかし、この資格取得には注意が必要です。

資格の維持に講習受講が必要とか、講習受講に費用がかかるとか、そんな話ではありません。

 

ビルメン会社に入社したのにビルメンになれない

 

恐れがあるからです。

ビルメンは工事や貯水槽清掃などの専門的な業務を外注することが多いのですが、消防設備点検だけは自社で行っている会社がそこそこあります。

そういう会社は、消防設備点検専門の部署があります。そしてその部署には、消防設備士資格保持者が配属されることが多いです。

この消防設備点検専門部署というのは、その会社で管理しているビルを順々に回って、点検をしていきます。ビル毎の消防設備点検の頻度は法令で決まっていて、年2回。

点検の日数はしっかり決まっていて、キビキビ動かないといけません。さらに現場によっては早朝や夜間に点検を行う場合もあります。遠い現場であれば移動時間もかなりかかりますし、それに加えて報告書の作成業務も。

おわかりでしょうか。

 

ビルメンではありえないレベルの激務になる

 

恐れがあります。

そのリスクをわかった上で資格取得、履歴書へ記載をしましょう。

 

僕の場合

僕がビルメン会社から内定をもらったときの所持資格は下記。

 

・第3種電気主任技術者

・乙種第4類危険物取扱者

 

ビルメン在職中に2電工と2ボ、退職後にビル管を取得しました。

電験は難しい印象ですが、高校や大学が理系だった人であれば、あまり苦労することなく取得できるらしいです。計算問題の難易度があまり高くないことが理由。微分積分は使いません。

 

まとめ

消防設備士資格は、応募する会社によって履歴書に書くかどうか考えよう。

そして資格はなくてもビルメンになれる。

採用面接を上手くやるほうが、転職では重要。

スポンサーリンク