sloppy life !

スポンサーリンク

セミリタイアほどではないけどビルメンも

バリバリ仕事するのは嫌。頑張って働いても金持ちから見たら小銭みたいな金額しか給料がもらえない。それなら給料が多少安くても楽な仕事がしたい。

 

そんな気持ちでビルメンになってはや2ヶ月。セミリタイアブログを読んで羨ましいなと思う日々が始まりました。

 

セミリタイア

セミリタイアというのは定義が曖昧です。完全リタイアは全くお金を稼がないけどセミリタイアというのは最低限お金を稼ぎながら生活していくというのが共通認識かな。

 

セミリタイアを題材にブログを書いている人たちは皆さん資産が数千万単位あります。その資産での資産運用とセミリタイアブログからのアドセンス収入を生活費にあててる人が多いです。

 

基本的には労働をしてない人が多いけど中にはバイトを週に2,3回入れている人もいます。

 

仕事をしていないので普段はダラダラしたり地域のイベントに参加したり家族と過ごしたり、お金があまりかからないことを中心に自由に生活しているみたいです。

 

ビルメン

僕が今やっているビルメンの仕事は週休2日。なので労働時間的には全く持ってセミリタイアにはつながりません。

 

年収は一般的なサラリーマンのそれに比べたら低めです。ですが会社を選べば世間の平均年収くらいはもらえます。一千万円プレーヤーには絶対になれません。

 

仕事内容は老人でもできるような頭も体もあまり使わない仕事がメインです。汚れ仕事がたまにあります。残業はほとんどありません。

 

勤務時間中に待機時間という名の空き時間があります。勤務時間中に実際に仕事をしてるのは2時間程度であとは待機時間という日が多い。

 

もちろん勤務中なので家に帰ったり街へ出かけたりはできませんが本を読んだりスマホでネットしたりゲームしたりという程度であれば自由にできます。

 

セミリタイアほどではないけどビルメンも

セミリタイアとビルメンに共通してるのは自由な時間です。セミリタイアほどの量も質もないけどビルメンも一般的な会社員に比べたら自由な時間が多い。

 

それでいて会社員として給料が貰えるし社会保険もある。セミリタイアのメリットもデメリットも削ったような仕事がビルメンかなと思ってます。

 

まあ圧倒的に自由な時間があるセミリタイアのメリットと比べるとビルメンのメリットなんてあってないようなものかもしれませんけど。1日8時間週5日は拘束されているわけだし。

 

ビルメンしながらお金を貯めて運用してゆるくセミリタイアを目指していくのもありかなと最近思い始めています。どうなることやら。