sloppy life !

スポンサーリンク

ビルメン転職で提示される年収の最大値は400万円

何のために仕事をしているかというともちろんお金のためです。仕事にやりがいを求めていた時期が僕にもありましたが今はそんなことは求めていません。仕事に求めるのは「金」と「楽」です。

 

ビルメンは運が良ければ「楽」が手に入る職業です。現場によっては天下り公務員レベルの楽さが手に入ることでしょう。もちろん手に入る「金」は彼らとは比べ物にならないほど少ないですが。

 

今回はビルメンの年収について。

 

タイトルにいきなり結論を書いてますがビルメン転職で提示される年収の最大値は400万円です。

 

高いと思うか低いと思うかは人それぞれ。

 

年収400万円ってどれくらい?

・基本給25万円×12か月=300万円

・ボーナス50万円×2回=100万円

 

基本給25万円ボーナス年4か月でちょうど400万円です。僕が提示された条件で一番良かったのがこれくらいです。

 

電験とビル管を持っている経験ありの30代でこんな金額です。

 

夢がないかもしれませんがこれは地方ビルメンの中では結構かなりいい待遇じゃないかなと僕は思ってます。地方ビルメンだと年収300万円いかないような求人がゴロゴロしていますからね。

 

というか地方はビルメンの仕事が全然ないし普通の仕事でも年収400万円の求人なんて無いです。

 

400万円というのは残業や手当は別にしての金額ですよ?残業ありきの仕事なんてしたくないですし手当は年齢や会社の事情でなどで無くなることがあるので。ボーナスにも反映されるような手当であれば基本給として換算してもいいと思います。

 

年収は東京が高くて地方が低い?

ビルメンに限らないと思いますが、年収は東京が高くて地方が低いです。そもそも最低賃金が東京と地方で全然違います。

 

東京勤務が年収が高いというよりも東京本社企業の年収が地方本社の企業よりも高いという感じです。給料の基準が東京感覚だからでしょうね。

 

これを書いている2019年時点で東京の最低賃金は985円です。対して地方主要都市のある県で800円くらいで安いところは760円台。

 

僕が新卒で入った会社の高卒月給が15万円だったんですが時給換算すると900円くらいなんで東京の最低賃金より安いです。

 

割合で考えると地方は東京の8割くらいの賃金です。仮に東京の普通が400万円だとすると地方は320万円。それくらいな気がします。

 

ビルあってのビルメンなので

もちろんビルメンやるなら首都圏が一番いい条件で仕事ができるでしょう。東京であれば未経験でも年収300万円以上のビルメン求人がたくさんあります。

 

東京だと500万や600万の求人があるって書いてるビルメンブログもありますが実際どうなんでしょうね。

 

 

 

東京も含めて僕の体感では400万円が最大値です。資格手当泊まり手当に残業代までコミコミで年収500万円という意味であればあるかもしれないですね。

 

逆に地方では年収300万円を越える仕事自体があまりありません。でもこれは全体的な話であって地方でも年収400万円のビルメン求人はあります。

 

今すぐ転職したいんだ!!という事情がなければ定期的に求人情報をチェックしましょう。