sloppy life !

スポンサーリンク

ビルメンは意識高く働いてもメリットがあまりないと思う

こんにちは。

ビルメンは基本的に仕事にやりがいではなくマッタリを求めて働きに来てる人が多いと思います。実際にマッタリできるかは現場次第ですが。

 

しかし中にはバリバリ仕事をするぞ!!という意識高い系ビルメンもいます。今回はそんな意識高くサービス精神を出して仕事してもあまりメリットないよということについて書きます。

 

ビルメンは頑張りが給与に反映されにくいので頑張るとストレスを感じる

一つ一つの点検や作業を確実にこなすのは重要ですが必要以上に仕事のクオリティをあげても意味はありません。

 

そもそもビルメンが自分でやるレベルの仕事というのはDIYに毛が生えたような誰にでもできる仕事が多いです。

 

仲間うちでは職人的な扱いをされて気分がいいかもしれませんが、その評価が昇給に結びつくこともあまりありません。

 

むしろ給与に反映されない分「僕はこんなに頑張って仕事してるのにサボってるアイツと評価が変わらない。なぜ会社は僕の頑張りを見てくれないんだ」という無駄なストレスを感じてしまうのがデメリットです。

 

まあ仲間に評価されるのは気分いいことだと思うんでデメリットばかりとも言えませんが。

 

無償でサービスするとそれが現場の当たり前になってしまい周りに迷惑をかける

オーナーやテナントにいい顔したくて契約外の仕事を独断でやってしまうと仲間にも会社にも迷惑がかかるし自分の首を絞めます。

 

一度無償で何かをしてあげるとそれが「実績」になってしまうからです。

 

一度実績を作ってしまうと「前回は無料でやってくれたんだから今回も無料でお願いします」となってしまいます。

 

無駄に仕事が増えて仲間に迷惑をかけてしまいます。ビルメンの給与は業務量に全く比例しないので給料そのままで仕事が増えてしまい仲間に不必要な負担をかけてしまうだけで何のメリットもありません。

 

また本来別料金が取れるはずの仕事が無料になってしまったりすると現場の貴重な売上を潰してしまって会社にもメリットはありません。

 

意識高く働くならビルメンじゃないほうがいい

もちろん最低限のコミュニケーションとかは必要ですが、サービス精神を出して意識高くバリバリとビルメン稼業に勤しむよりはマッタリ言われたことを最低限こなすだけのほうがいい。

 

確かに仕事をバリバリ頑張ったほうがやりがいは感じられると思います。しかし仕事量や結果が待遇に反映されにくいのがビルメン業界。バリバリ仕事をしたいのであれば別の職種のほうが色々とメリットが大きいでしょう。

 

もちろん現場によって違うでしょうけど…

もちろん会社や現場によってはサービス精神を出して仕事をしたほうがいい場合もあるでしょう。自社ビルメンは頑張りが評価に繋がりやすいでしょう。

 

系列系や独立系でも設備管理の契約だけで利益が大きい現場の場合はオーナーの心証を良くして契約料の値引きを防ぐという意図で色々サービスしてる場合もあります。

 

結局現場次第ではあるのですが基本的にビルメンは意識低めに働いたほうがいい、と僕は思います。

スポンサーリンク