sloppy life !

スポンサーリンク

ビルメンやってるなんて思いもしなかっただろうな

こんにちは。

保育園幼稚園小学校の頃考えたり発表したり作文の題材にした「将来の夢」っていつ頃の話だったかなあって思ったんですね。

 

多分みんな現役バリバリ世代のことを考えてたと思うんですよね。野球選手とかサッカー選手とかお巡りさんとかお花屋さんとかケーキ屋さんとかお嫁さんとか。

 

イメージしてた自分は頭に白髪が増えてきたり髪が薄くなったりお腹が出てきたりしてなかったと思います。若々しいイメージじゃなかったでしょうか。今の僕くらいの年代を中心とした30〜40歳くらいをイメージしてたと思うんですよ。もうちょっと若めのイメージだったのかもしれません。

 

まさかビルメンやってるとは思いもしなかっただろうな

当時の自分がどんな将来の夢を持っていたのかは憶えていません。自分で言うのも何ですか僕は高校受験までは県内の高校ならどこでも入れるくらいいい線いってる成績の持ち主だったので小学生の頃もいろいろ考えてたんじゃないかなと今は思ってます。

まさかビルメンになるなんて思ってなかったでしょう。用務員の先生は知ってましたけど街中のビルに用務員の先生みたいなビルメンという職業があるなんて知る由もなかったでしょうね。

 

「成功」のレールからも自分の思ってたレールからも外れてる

「成功」といわれるようなレールにも自分がかつて思い描いてたレールにも僕は乗れていません。今後も乗れることはないと思います。でもそれならそれでいいんじゃないかとも思ってます。

高校受験のときああしておけばとか、大学受験、就職活動、転職とか。それぞれでああしておけばこうしておけばっていう後悔はありますけど人生は巻き戻しはできません。今が1番若いんだから今から頑張ってやり直そうよなんて言いますけど、今からレールに乗れるように頑張ろうとは思ってません。

 

スローな人生もいいんじゃないかな

今はフルタイムでビルメンしてるし婚活もしてるけどもっとスローな人生にしてもいいんじゃないかなって思い始めてます。婚活の成果が出なかったら無理に結婚しようと思わなくても独身でノンビリ生きていってもいいんじゃないかな。

スポンサーリンク