sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

【網走監獄】JR路線バスを利用して網走監獄に行ってみた

こんにちは。

網走といえば刑務所、刑務所といえば網走です。ということで有名な博物館網走監獄に行った来ました。 

 

出発は旭川駅

f:id:sloppylife:20181109184320j:image

前日に宗谷岬に行ってたので出発は旭川駅です。特急オホーツクで網走駅を目指します。旭川駅は8:35発。特急オホーツクは札幌駅始発なので札幌駅7:00発と同じ列車です。

 

8時からイオンが開いてます

f:id:sloppylife:20181109184439j:image

8時から旭川駅直結のイオンが開いてますが、あえて駅のキオスクで朝食を購入しました。旭川名物(?)ジュンドッグ。ホットドッグのパン部分が米。初めて食べましたが普通に美味しいです。旭川市民のソウルフード的な感じなんでしょうか?

 

乗ってるだけで網走に着きます

前日に乗った特急と一緒で、乗り換えなしで網走まで行けます。乗ってしまえばあとは車窓を楽しむだけです。しかし乗車時間は非常に長いです。

旭川駅から網走駅まで3時間半。札幌駅から網走駅までだと約5時間くらい。線形が悪いのか保線の都合なのかわかりませんが列車の速度は遅いです。途中あっちこっち曲がりながら列車はオホーツク海に向かいます。

 

坂道じゃないのにスイッチバックがある

上川駅からは人口希薄地帯を走行します。途中信号場化された廃駅がいくつかあります。人気のない山の中を列車が進んでいく。山の中でも隣に細いながら道路が並走していたのが印象的でした。


f:id:sloppylife:20181110104829j:image

途中の遠軽駅ではスイッチバックを行います。通常は急勾配をジグザグに登るためにスイッチバックがあるのですが遠軽駅は進行方向が変わるだけです。進行方向が変わるので乗客は自分の座席の向きを反転させます。なので駅名標の左側には隣の駅名表示がありません。

昔はここから紋別に行ける路線があったそうです。流氷の時期ならガリンコ号乗ってみたかったんですけどね。まあ紋別行かなくてもこの列車の終点網走にも観光砕氷船はあるんですが。

遠軽駅で飲食物を補給できる

スイッチバックは進行方向が変わるので運転士が移動したりポイント切り替えたりなどで数分停車します。この停車時間に自動販売機で飲み物とお菓子を買うことができます。車内の放送でもタバコやお菓子、飲み物はここでどうぞ的なこと言ってたんで、買ってる間に置いていかれることはないと思います。

 

f:id:sloppylife:20181110104805j:image

アルフォートを買ったら1回溶けたっぽいのが出てきました。暑い頃に自販機に補充したのかな?1個足りないのは食べてから写真撮ったからです。

 

網走駅に到着

f:id:sloppylife:20181110102918j:image

網走駅に12:18分に到着。旭川駅から3時間半、札幌駅からだと5時間の旅です。

網走駅から網走監獄まではバスで移動します。網走監獄行きのバスは網走駅13:09発なので食事や散策をする時間があります。網走バスターミナルがバスの始発なのでそこまで歩いてみました。


f:id:sloppylife:20181110105501j:image

徒歩15分位でバスターミナルに到着です。網走駅は町はずれに立地していてバスターミナルが中心部にあります。


f:id:sloppylife:20181110104735j:image

中心部には商店街があります。平日の昼間なので人通りは多くありませんでしたが予想よりたくさんの店が開いてました。シャッター銀座というわけではなさそうです。


f:id:sloppylife:20181110105906j:image

バスターミナルに戻って13:05発のバスに乗車します。

このバスは博物館網走監獄のある天都山の上まで運行されているバスです。天都山には網走監獄以外に北方民族博物館とオホーツク流氷館という施設があります。また夏は「はな・てんと」というキャンプ場(?)もやってて、そこまでバスが行くようです。

 

オホーツク流氷館

f:id:sloppylife:20181110155024j:image

オホーツク流氷館バス停13:21着。オホーツク流氷館には展望台があるので網走監獄を通過してオホーツク流氷館で下車しました。


f:id:sloppylife:20181110110555j:image

展望台からの景色。網走市街地とオホーツク海が一望できます。絶景。


f:id:sloppylife:20181110110745j:image

西側に向きを変えると網走湖能取湖が見えます。こっちも絶景。スマホのカメラじゃ全く伝わらない。

ちなみにオホーツク流氷館の展示区画への入場料は750円です。館内には土産物屋とカフェも入居してます。バスの時間もあるんで僕はスルーしました。

流氷とオホーツク海の観光施設なら|オホーツク流氷館

 

再びバスに乗って網走監獄へ向かいます。

オホーツク流氷館から網走監獄までは約3キロ。ずっと下りですが徒歩で行くと30分はかかります。しかしバスで行くと4分。オホーツク流氷館バス停14:07発。

 

博物館網走監獄

f:id:sloppylife:20181110111133j:image

網走監獄バス停14:11着。

博物館網走監獄についてはネットで検索すれば写真付きでガッツリ紹介してるブログとか出てきます。けど興味があるなら調べずに実際に行ってみたほういいとは思います。この博物館では北海道開拓に貢献した囚人の歴史や暮らしを知ることができます。人形がリアルで要所要所で結構びっくりします。

漫画ゴールデンカムイの影響で若い人にも興味がある施設かもしれません。お客さんに若い人は全くおらずお年寄ツアー客ばかりでしまけど。ゴールデンカムイはアニメ化されたし最近全道でイベントやってますね。僕は面白いと思って単行本読んでますけど北海道民的にはどうなんでしょう?

博物館 網走監獄 公式サイト

 

ちなみに網走刑務所は現在も存在してます。バスで天都山に行く途中にあって、市街地に隣接してることに少し驚きました。網走は受刑者と共存してる街らいしいです。網走監獄にはそういう関連の展示も一部あるんで行く予定のある方は見てみてください。

もうちょっとゆっくり見てもよかったかも

f:id:sloppylife:20181110155233j:image

来た道をバスで戻ります。博物館網走監獄バス停15:36発。網走駅15:45着です。滞在時間は1時間半くらいでしたが僕としてはギリギリでした。サラッとみて1時間ちょっとくらい。監獄食堂でご飯食べたり展示診たり土産物屋見たりするんであれば2時間以上みといたほうがいいです。食堂は昼飯時しかやってないので要注意。

 

博物館網走監獄は札幌から日帰り可能です

札幌行き最終の特急オホーツクは17:25発。バスは網走駅に15:45に到着するので網走監獄見るだけなら余裕で日帰りできます。帰りの列車まで時間があるので網走を観光してもいいし、16:36発の北見行で北見まで行って駅前を散策しながら特急を待つのもいいですね。

僕は翌日釧網線に乗りたかったので網走に泊まりました。街を散策したり道の駅いったりスーパーで買い物したり街に1つしか残ってない銭湯に行ったり。スーパーではセコマを意識してるのか量少なめで100円で買える惣菜が充実してました。

 

天都山以外にも

網走中心部には道の駅やガラス細工店があります。もっと寒い時期であれば流氷粉砕観光船おーろらにも乗れます。あとはモヨロ人の貝塚跡というのがあるみたい。モヨロ人て誰。

f:id:sloppylife:20181117082540j:image

中心部にガッツリ観光施設が揃ってる街、という感じではないです。素人考えですがオホーツクっていうと街は北見で観光は知床のイメージです。

 

スポンサーリンク