sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

「現職のほうがマシ」なら転職すべき

内定もらえたけど転職するか迷うとき

求人を探して応募して何度も面接に行って、やっと内定が出たのに行くかどうか迷いが出てしまう。内定をもらったときによくある悩みです。このときに迷う選択肢は「現職に残る」か「転職を選ぶ」かです。

 

無職からの転職であればあまり悩まないのではないかと思います。今の会社が嫌で嫌で仕方なくて転職活動している場合も悩まないと思います。悩むのは「嫌なことも多いけど今の会社にいるのがいいのかもしれない」と考えながら「良いところがあれば転職したい」と考えて転職活動をしている場合。

 

この場合は、内定先がよっぽど良い会社じゃない限り現職の会社ほうが良く見えるものだと思います。しかし、そう思うのは錯覚のせいかもしれません。

 

「現職のほうがマシ」は錯覚

転職して次の会社で失敗するリスクと、転職して自分にとって良い職場を手に入れるチャンスを比べてどうするか考えるわけですが、頭のなかでは結構いろいろ考えますよね。勤務地給料仕事内容昇進人間感関係…どっちが良いかわからなくて判断がつかない。

そんなときに「今の職場のほうがマシかも」と考えてしまうときは要注意です。マシに見えてるのは錯覚です。もしくは考えるのが嫌になって「何もしない」を選択しようとしているか。

 

考えることを辞めたいときほど限界まで考えよう

考えるのを辞めたくなるときほど、考えて考えて考えましょう。考えた結果現職が明らかに内定先より良ければ現職を選択しましょう。

ですが考えても甲乙つけ難い場合は現職に残るという選択肢は選ばないほうが良いと思います。いざ転職しようとすると現職が途端に良く見えてくるものです。錯覚なんですけどね。

 

一番良いのは内定先を複数持つこと

現職Aと内定先Bを比べるのではなくて、もうひとつ内定をもらって内定先Cも一緒に比べましょう。選択肢が増えれば現職が良く見えるのが錯覚であることに気づきやすくなります。現職のほうが良く見えるのが錯覚であることに気づいた上で、現職Aという選択肢を捨てて内定先Bと内定先Cのみで比較をして、どちらに転職するか決めることができる状況に持っていければベストです。内定を複数キープできる状況がなかなか発生しないのが難しいところですけどね。

 

まとめると

「現職のほうがいい」は現職に残る。

「現職のほうがマシ」は転職を選ぶ。

スポンサーリンク