sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

青空フリーパス +αで日帰り旅行①名古屋→馬籠宿→飯田

青空フリーパス

JR東海が販売している企画乗車券です。

・範囲内のJR線+伊勢鉄道線の普通&快速列車に乗り放題。

・使えるのは土日祝日と年末年始

・有効期間は1日

・値段は2570円(2018年現在)

・特急料金を払うと特急にも乗れる

・新幹線と寝台特急には乗れない


f:id:sloppylife:20181014112140j:image

実際のきっぷ画像です。

 

名古屋方面から伊勢神宮に行ける最安のきっぷだと思われます。価格は青春18きっぷ1回分のほうが安いですが青春18 きっぷは伊勢鉄道に乗れないので時間がかかる亀山駅経由の経路するか、伊勢鉄道運賃510円を追加で払う必要があります。しかし青空フリーパス伊勢鉄道もフリー区間に含まれてるのでこれ一枚で快速みえに乗って伊勢市駅まで往復できます。

 

今回はこのきっぷに+αで日帰り旅行に行ってきました。

 

目指すのは中津川駅

f:id:sloppylife:20181014075140j:image

スタートは名古屋駅。当日朝までは伊勢神宮に行くつもりでしたが気分が変わって中央線へ。気の向くままに動けるのはフリーきっぷのいいところですね。


f:id:sloppylife:20181014075214j:image

快速中津川行きに乗車。名古屋駅こら中津川駅までは1時間と少し。この日は「さわやかウォーキング」が開催された影響で、会場の武並駅まで結構な乗車率でした。


f:id:sloppylife:20181014075304j:image

定刻どおりに中津川駅に到着。今まで普通電車の乗り継ぎ待ちで途中下車することはありましたが、乗り換えで降りるのははじめて。

 

バスに乗り換えて馬籠宿へ

f:id:sloppylife:20181014075330j:image

ここから青空フリーパスのフリー区間を離れて路線バスに乗ります。向かうのは馬籠宿。馬籠までは560円。だいたい1時間に1本くらいの間隔で8時〜18時までの間運行です。


f:id:sloppylife:20181014075456j:image

バス停はこの位置です。バス停にありがちな屋根とか無いのでバスが停まってないと意外とわかりづらかったです。


f:id:sloppylife:20181014075535j:image

時間があったので周辺をブラブラしていたらバスがきました。発車時刻の20分くらい前にはバスが来てました。僕の乗った便は座席がすべて埋まるくらいの乗車率でしたが、時期や時間帯によってはすし詰めになるかもしれないので確実に座りたければ早めにバス停で待ちましょう。紅葉の時期とか多分激混みです。


f:id:sloppylife:20181014075617j:image

車窓。


f:id:sloppylife:20181014075701j:image

30分くらいで馬籠に到着。


f:id:sloppylife:20181014075925j:image

10時前に到着したので、到着時は観光客はまばらでした。


f:id:sloppylife:20181014075957j:image

日本の観光地は中国人や韓国人がたくさんいる印象でしたが、馬籠は白人が大勢でアジア系は全然いませんでした。これも時間帯が影響してるのかもしれませんが。


f:id:sloppylife:20181014075902j:image

ブラブラ歩いて15分くらいで展望台へ到着しました。展望台からは恵那山を展望できるのですが、残念ながら雲で山頂は見えず。街なみと展望台で満足したので移動します。


f:id:sloppylife:20181014080222j:image

駐車場は観光バスが頻繁に行き来していました。やはり10時以降が観光客が増える時間帯のようです。

 

さらに東へ

f:id:sloppylife:20181014080255j:image

僕は観光バスではなく高速バスで移動なので徒歩で高速道路を目指します。


f:id:sloppylife:20181014080419j:imagef:id:sloppylife:20181014080458j:imagef:id:sloppylife:20181014080525j:image

高速バス乗り場の最寄りバス停は「神坂小中学校前」です。中津川〜馬籠のバスが通ります。


f:id:sloppylife:20181014080651j:image

みさかパーキングエリアにある馬籠バス停へ到着。


f:id:sloppylife:20181014080620j:image

パーキングエリアから徒歩で馬籠宿へ行く地図がバス停近くや待合室の中にありました。徒歩で15分くらいだし、高速バス+徒歩の需要もある程度あるのかもしれません。


f:id:sloppylife:20181014080724j:image

時刻表によると名古屋駅から馬籠を経由して飯田に行くルートは1時間に1本あります。せっかくなら昼神温泉にも行ってみたいと思ってましたが本数が少ない。別ルートがあるのか、泊まり前提で行程を考えたほうがいいのか。泊まりとなるとお値段が高そうなイメージです。

 

ちなみに馬籠宿にはメインの通りを歩いただけで2軒ゲストハウスがあるのが確認できました。昼神温泉にもあるかも?

 

神坂PA 

f:id:sloppylife:20181014080823j:image

バスが来るまで時間があるのでパーキングエリアで腹ごしらえです。神坂パーキングエリアは見た目洒落た感じ。小さめのコンビニくらいの面積にお土産コーナーと食堂が入ってました。


f:id:sloppylife:20181014080850j:image

外の小屋では揚げ物や焼き物などの簡単につまめるものが売ってました。一部土産や地場産品も外でワゴン販売的な売り方をされてました。土地柄なのか季節柄なのかキノコとリンゴの土産が多かったです。キノコの酢漬けとか乾燥きのことか。


f:id:sloppylife:20181014080921j:image

1本150円の五平餅と無料試飲のごぼうスープ。五平餅は土日祝限定販売です。五平餅ってワラジみたいな形だと思ってたんですが、馬籠エリアでは団子の形が一般的みたい。馬籠宿のお店も団子型でした。

 

洒落てるのは上りだけ
f:id:sloppylife:20181014080959j:image

バスまでもう少し時間があったので下りの神坂PAにも行ってみましたが、こちらは普通の建物で、中身も普通でした。

 

飯田へ

高速バスは定刻から5分程度遅れて馬籠に到着。終点の飯田商工会館まで乗車しました。運賃950円。


f:id:sloppylife:20181014081100j:image

 

中津川線

今回バスで移動した中津川駅飯田駅間は国鉄時代に「中津川線」として鉄道路線の建設が進められていました。神坂や昼神温泉にも駅が設置される予定だったようです。建設されていたら名古屋〜中津川〜飯田の直通特急が運行されて昼神温泉とか阿智村とか今よりさらにメジャーで気軽に行ける観光地になってたんだろうなーとか、でも馬籠宿に行くには結局バスに乗らないと行けないなーとか、妄想捗る行程でした。

 

後半へ続きます。

 

スポンサーリンク