sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

体調不良で考えること。職場と健康と保険

先週は体調不良でした。

鼻と喉が腫れてて、耳の下とあごの下のリンパも腫れてました。熱は無かったです。僕は季節の変わり目に体調を崩しやすいのですが、普段の体調不良とは違う感じです。こういうときに気になってしまうのは、ガン。

普通リンパが腫れてるだけでガンなんて意識しないと思います。

 

せめて売るのは時間だけに

ビルメン時代は機械室や天井裏がアスベスト吹付けでしたし、今の仕事では発がん性物質を製造しています。職場にホコリみたいに積もってる粉は発がん性。ビルメン時代は気にしてなかったけど、今の仕事をするようになって気になり始めてます。

今まで意識して無かったですけど、これは寿命というか健康を売ってお金に変えているようなものなのではないかと考えるようになってきました。労働者だから既に時間を売ってるのに。

今の仕事は給料や待遇は悪くないけど、健康には悪いということになるんですね。

 

健康って一番大切じゃないか

給料は悪くないって言ったって、金持ちからしたら僕の給料なんて薄給もいいとこだと思います。じゃあ健康リスクがあるとわかっている仕事をし続ける意味は何なのか。給料なんて安くても健康に暮らせる仕事をしたほうがいいんじゃないだろうか。

 

健康リスクのない仕事なんてないのかもしれませんけどね。病院勤務だったら感染症のリスクとかあるだろうし。仕事とは関係なく持病があったりして健康ではない人もいるでしょう。とはいってもリスクがわかっているのであれば、今の仕事を続ける以外の選択肢も持っておきたい。 

 

保険を考えるべきなのか

僕は医療保険に入っていません。

日本は健康保険あるし高額療養制度もあるし、保険かけて、いざ入院しても払い込んだお金の元を取れるほどの保険金はもらえなさそうというのが理由です。ただガンについては今の仕事を続ける限りリスクが高いんだから、ガン保険は入ってたら役に立つかもしれないな、なんて考え始めてます。

 

しかし保険はややこしいんですよね。がん保険単体で検討してみようか。入るなら約款もしっかり読み込まないといけないし、面倒くさい気持ちが出てきてしまいます。

スポンサーリンク