sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

難波はうどん激戦区。元難波勤務者のオススメはココ

大阪といえばミナミ

そしてミナミといえば難波です。他にもいろいろあるけどね。
大阪といえば粉モン文化でお好み焼きたこ焼きを思い浮かべる方が多いかもしれません。でも今回は粉モンではなくてうどんを紹介します。うどんも小麦粉でできてるから広い意味で粉モンですね。

 

実はうどん激戦区な難波

うどんで検索するとこれだけヒットしました。
f:id:sloppylife:20180707193700j:image

多分たこ焼きよりうどんのほうが多い難波。

 

難波でうどんというと「千とせ」道頓堀では「今井」が人気店なのかなと思います。今井は高島屋新大阪駅にもあったような。千とせは大阪の芸人が食べると言われる「肉吸い」が大人気で観光地化してますね。

僕は千とせは一度行ったことあるけど今井は行ったことありません。理由は簡単、高いからです。千とせの普通のうどんは350円、肉吸いが650円。今井は行ったことないけどジャンルが違う店ではないかと思い込んでいます。

 

うどんに何を求めるか

僕は「安い早い美味い」です。優先順位もこの順。安いが1番。仕事の日の朝や昼に食べるならなおさらですね。

 

難波にある安い早い系のうどん店で僕が行ったことあるのはこの3つ。

・天政

・なんばうどん

松屋

 

丸亀製麺もありますが、うどんが280円するからチト高い。この3店はかけうどんが200円以下です(2018年時点)。

 

僕のおすすめ難波のうどん店

まずおすすめ以外の店の嫌なポイントから。あくまで僕視点なんで、気にならない人もいるでしょう。

 

・天政

高い。確かかけうどんが200円。十分安いけど高い。でもかやくご飯が好きならここ一択です。

 

・なんばうどん

店員のおっさんがめちゃくちゃ喋りかけてくる。ツバ飛ぶから黙れ。ちゃんと「ツバ飛ぶからこっち向いて喋るな」と言えば黙ってくれます。

 

ということで僕のおすすめは松屋です。
f:id:sloppylife:20180707191533j:image

松屋は難波に2店舗あって、それぞれ違うメニューがあります。

こっちは高島屋側の店。NGKなんばグランド花月)近くの道具屋筋入り口にも店舗があります。道具屋筋の店には天とじ丼があって、こっちがカツ丼かな。僕はカツ丼食べないんで天とじ丼の気分のときだけ道具屋筋に行ってました。

 

こっちの店での僕の定番は「ハイカラうどん親子丼セット」です。

食券を買って中に入って机の上に食券を置いておくと店員が確認してくれます。見えるようにおいときましょう。

 

うどんのほうが丼より早いのでハイカラうどんが先にきます。
f:id:sloppylife:20180707192146j:image

ちなみに道具屋筋の店には「ハイカラうどん」はありません。うどん+天かすの注文ができますが紅しょうがが乗らないので注意。

 

食べてると親子丼もきます。
f:id:sloppylife:20180707192253j:image

見ての通りなかなかのボリューム。少食な人だと食べきれないかもしれません。

ちなみに丼の具は仕込んであるものを使ってます。天丼やカツ丼に揚げたてサクサク感を求めてはいけません。なので僕のオススメ丼は親子丼と天とじ丼。

 

お値段

 

イカラうどん+親子丼セットで400円。

 

イカラうどん単品だと180円だったかな。かけうどんだと170円。安い。数年前に値上げしましたが、値上げ前はもう10円安かった。

以前は天ぷらうどん+おにぎり2個で300円セットがあったんですが最近見かけません。券売機が変わってメニューが複雑になったんで見落としてるだけかも。

 

「難波のうどん」という意識で食べよう

讃岐うどんのようなモチモチシコシコな食感を求める人は近所の丸亀製麺へ行きましょう。松屋を含め難波の安い早い系うどんはコシは無いです。給食のソフト麺に近いけど違うような感じ。なんにせよフニャフニャ寄りのうどんです。

でもこれはこれで美味しい。

 

昼時は激込みします

紹介した3店とも昼時は激込みです。回転率がいいので待ってればすぐ空きます。

 

観光に来たけど観光客向けじゃないものを食べたい人にオススメ

難波は観光地なのでたこ焼きやお好み焼きを筆頭に観光客向けのお店が多いです。

ですが何度も難波に行ってる方や観光客向けじゃないものを食べたい方は今回紹介したうどんを食べてみるのもいいと思います。難波はうどん以外もいろいろあるけどね。

 

以上、うどんの紹介というか松屋の紹介でした。

スポンサーリンク