sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

やりたいことって何かというと結局は自己満足

やりたいことと聞いて思い浮かぶこと

おいしいものをおなか一杯食べる

好きな時に起きて好きな時に寝る

いろんなところに旅行に行く

女の子と遊びまくる

 

僕はパッとこんなことが思い浮かびます。

 

でもこれってホントにやりたいことなんだろうか。もちろんやりたいことなんですけど、何ていうかそういうことじゃなくて。

上に挙げたことは、やりたいことというよりも原始的というか動物的というか、「快」を感じることに近いような感じです。やりたいことじゃなくて、気持ちいいことというか。気持ちいいほうがいいに決まってるんですけどね。

 

こういう内向きなのではなくて、もっと外向きなやりたいことって何だろうなと考えるわけです。

もっというとやりたい仕事って何だろうということ。転職活動してることもあって、最近こういうことに敏感です。転職しても上に挙げたやりたいことはできません。できるけど、それは転職とは関係がない。

 

じゃ、外向きなやりたいことって何だろうと考えたら、こういうことじゃないのかな。

 

何かの役に立っていることが実感できること

すごい漠然としていますがこれです。

 

何の役にも立ってない仕事ってきっと無いとは思いますが、役に立ってることが実感できない仕事はあると思います。僕は今そういう仕事をしていると感じている。

「何か」は自分の周りではなくて少し遠いほうがいい。仕事でいうとお客さんか。

 

直接感謝されるとか、そういうことではなくて。それも重要かもしれないけど、感謝されることを目的にするのは良くない気がする。感謝するかはお客さんが決めることだから自分じゃコントロールできない。感謝されたくてやりたくないことばかりやる羽目になるかもしれないし、それでも全く感謝されなくて辛くなるかもしれない。

 

だから役に立っている、と自分が感じることができるようなことがしたい。 これだと自分が感じることだから自分でコントロールできるので辛くならない。

 

もうちょっと視野を広げて大げさにかっこよく言うと「社会に貢献してるという感じれる仕事」ということになるだろうか。

 

ここでいう社会っていうのは自分の周りよりも外側というような意味。大事なのは実際に役に立っているかどうかではなくて、役に立っていると感じることができること。

じゃあ何かすごいことやればいいんだけどそれは僕には大変だし疲れるし辛いから、僕にできる範囲のそういう仕事。

 

まとめ

結局は自己満足。

スポンサーリンク