sloppy life !

SLOPPY LIFE

いいかげんに生きる

スポンサーリンク

阿佐線完乗!高知から阿佐線ルートで徳島へ向かい阿波踊りを鑑賞!

2018年8月13日の行程です。

前日分はこちら。

www.sloppylife.com

  

祭りの後

f:id:sloppylife:20180913185039j:image

よさこい翌日早朝のメイン会場。

警備員立会いで業者の人がステージや会場を解体してました。前日の喧騒が嘘みたいにひっそりしてました。


f:id:sloppylife:20180913185121j:image

高知駅

高知駅も同じく静か。


f:id:sloppylife:20180913185236j:image

時刻表。

高知〜後免間は特急が毎時1本に普通電車が毎時2本。

 

高知〜後免

f:id:sloppylife:20180913185320j:image

南風に乗ります。


f:id:sloppylife:20180913185604j:image

数分で後免駅へ。ここから土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利まで行きます。


f:id:sloppylife:20180913185425j:image

土佐くろしお鉄道ホームでは、やなせたかし作のキャラクターがおでむかえ。

 

後免〜奈半利

f:id:sloppylife:20180913191115j:image

ロングシート車両でした。

土佐くろしお鉄道はオープンデッキ車両があります。ホントはそっちに乗りたかったですが、特に調べずに来たので仕方ない。


f:id:sloppylife:20180913191939j:image

車窓。

ごめん・なはり線は線形が良くて高架区間が多いので、景色を眺めながら快適に乗車できます。


f:id:sloppylife:20180913185910j:image

車窓。

ここは高架ではありませんが景色バツグン。


f:id:sloppylife:20180913185951j:image

1時間半くらいで奈半利駅へ到着です。


f:id:sloppylife:20180913190057j:image

後免方向。1面1線の棒線駅です。


f:id:sloppylife:20180913190026j:image

室戸方向。

線路はここまで。来た列車がただ折り返すだけの奈半利駅です。


f:id:sloppylife:20180913190300j:image

奈半利駅から海方向。景色バツグン。

 

奈半利室戸岬

f:id:sloppylife:20180913192049j:image

バス乗り場。

ここからは線路がないのでバスで進みます。「バースデイきっぷ」は使えないのでバスでは普通にお金を払います。


f:id:sloppylife:20180913192206j:image

時刻表。

安芸というのは高知と奈半利の間にあります。ごめん・なはり線にも「安芸駅」があって、線内の中心的な駅です。

室戸方向はジオパークセンターまでは便数がありますが、甲浦まで行くバスは少ないです。


f:id:sloppylife:20180913192537j:image

バス。

普通の路線バスです。


f:id:sloppylife:20180913192717j:image

奈半利駅を出て少し進んだくらいの場所に貯木場がありました。奈半利から山側は質のいい木材が取れるところらしいです。昔は森林鉄道という木を運ぶ用の鉄道があって、旅客運転もしてたんだとか。



f:id:sloppylife:20180913193044j:image

車窓。

バスは太平洋沿岸をひた走ります。


f:id:sloppylife:20180913194039j:image

途中の室戸高校バス停で女子高生が数名降りて行きました。


f:id:sloppylife:20180913194144j:image

室戸岬に到着。


f:id:sloppylife:20180913194304j:image

時刻表。

奈半利駅で見た通り、甲浦行きは6本です。


f:id:sloppylife:20180913200818j:image

桂浜、足摺岬にも高知の偉人さん像があります。中岡さんも彼らも、みんな海の向こうを見てます。


f:id:sloppylife:20180913200955j:image

灯台あるけど高すぎ。


f:id:sloppylife:20180913201101j:image

水平線が見えます。

 

室戸岬はあまり観光地化されてなくて、辺境の地感が強かったです。岬付近には喫茶店と土産物屋がそれぞれ1軒ずつあるだけでした。


f:id:sloppylife:20180913201151j:image

海岸をプラプラしたり遊歩道をブラブラしたりしてるとバスの時間が来たので再びバスに乗って移動します。


f:id:sloppylife:20180913201301j:image

ジオパークセンター。安芸駅からここまではバスの本数が多め。ここから甲浦までは少なめ。

 

むろと廃校水族館

 室戸市にある廃校を利用したミニ水族館です。

 

行ってません!

行けばよかった!!

 

ちなみにこの水族館は「椎名」というバス停から歩いて行けます。椎名バス停はジオパークセンター~甲浦間にあるのでバスは1日6往復です。バスで行く人は時刻表を確認して計画的に行きましょう。

 

むろと廃校水族館のツイッター

むろと廃校水族館 (@murosui_kochi) | Twitter

 

高知東部交通の時刻表。

東部交通/高知県/バス時刻表/ - toubukoutuu ページ!

「高知東部交通」で検索して一番上に出てくる末尾が.netのページにはまともな時刻表がありません。公式ページっぽいからと延々と探さないよう気をつけましょう。

 


f:id:sloppylife:20180913203647j:image

夫婦岩


f:id:sloppylife:20180913203740j:image

絶景。

 

交通量の少ない国道を、バスがかっ飛ばします。途中のバス停から乗ってくる人なんて一人もいません。


f:id:sloppylife:20180913203816j:image

甲浦駅を通り過ぎて終点の甲浦港で下車。

奥の方にお店がありますが駅とは反対方向なので行きません。


f:id:sloppylife:20180913203925j:image

駅方向へ歩いていると途中に海水浴場がありました。夏真っ盛りなので海水浴客が大勢いました。


f:id:sloppylife:20180913204007j:image

海の駅東洋町。ここで弁当を購入し、甲浦駅へ向かって歩きます。

 

阿佐東線

f:id:sloppylife:20180913204114j:image

甲浦駅

甲浦駅からは阿佐海岸鉄道に乗って徳島県へ向かいます。


f:id:sloppylife:20180913204135j:image

駅の中の売店は予想通りお盆休みで閉店中でした。海の駅で買った弁当を食べて汽車を待ちます。食べ終わったのでホームに上がる。

f:id:sloppylife:20180913204251j:image

室戸方向。奈半利まで繋がるはずだった線路。

 

阿佐海岸鉄道阿佐東線土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線こと阿佐線国鉄阿佐線として建設が始めらた路線で、室戸経由で繋がる予定でした。


f:id:sloppylife:20180913204317j:image

徳島方向。奈半利駅と同様に甲浦駅も1面1線の棒線駅です。

 

f:id:sloppylife:20180913204413j:image

高知最東端。


f:id:sloppylife:20180913204348j:image

汽車が来ました。

行き先表示を見てわかるとおり、甲浦と海部の間を行ったり来たりです。


f:id:sloppylife:20180913204449j:image

風鈴でした。天の川もあるらしいです。

 

f:id:sloppylife:20180913204532j:image

途中駅の宍喰。


f:id:sloppylife:20180913204609j:image

宍喰から海部の間はトンネルだらけです。


f:id:sloppylife:20180913204644j:image

ごめん・なはり線もそうでしたが、阿佐東線も海沿いを走る高架線なので、トンネルを抜けると景色はきれい。

 


f:id:sloppylife:20180913204709j:image

 

 

 

f:id:sloppylife:20180913204759j:image

 

 

 

f:id:sloppylife:20180913204827j:image

 

 


f:id:sloppylife:20180913204914j:image

 

最後のトンネルを出ると、終点の海部駅に到着です。トンネルを出たらいきなり駅でした。

 

f:id:sloppylife:20180913204959j:image

 阿佐海岸鉄道はここまで。ここからはJR四国牟岐線に乗り換えです。

 

f:id:sloppylife:20180915161115j:image

 

海部駅から徳島行きに乗車したので牟岐駅で乗り換えることなく徳島駅へ。途中小松島駅で大勢の乗車があり車内はラッシュのような様相になりました。さすが阿波おどり期間中の徳島です。

 


f:id:sloppylife:20180915191341j:image

 

政治的な話以外の予備知識はない状態で阿波踊りを観に行ったので、まずは案内所へ行きました。阿波踊りのパンレットがもらえたり、有料観覧席のチケットが買えたりします。

 

阿波踊りは夜に開催なので街をしばらく散策しました。


f:id:sloppylife:20180915191714j:image

阿波踊り会館。

毎日?かわかりませんが通年で阿波踊りを披露しているそうです。


f:id:sloppylife:20180915191857j:image

NHK徳島放送局では昼の阿波踊りというイベントが開催されていました。座って無料で観覧できました。


f:id:sloppylife:20180915192104j:image

夕方になると阿波踊りが始まりました。有料席を買うか迷いましたが、色々観て回りたかったので買わないことにしました。


f:id:sloppylife:20180915192135j:image

徳島特産のスダチを使ったビールとか売ってました。


f:id:sloppylife:20180915192551j:image

統率が取れた連もあれば、そうでもない連もあり、それぞれ面白かったです。無料でも十分楽しめる祭りでした。でも有料だともっと楽しめたのかもしれませんね。


f:id:sloppylife:20180915192838j:image

祭りはまだまだ続いてましたが、高松へ移動。徳島の宿が阿波踊り期間中で高騰してたのと、バースデイきっぷの使用期間の最終日だったのでなるべく高松港の近くまで行っておきたかったのです。


f:id:sloppylife:20180915193251j:image

うずしお

 

高松駅まで移動して3日間の四国旅行終了です。自由席は満席で高松駅まで立ちっぱなしでした。4日目は高松から船で本州へ渡り帰途につきました。

スポンサーリンク